母の日

 
母の日の今日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

朝から花屋さんに行くと、みなさんお母さんのためのお花を買いにいらしてました。

見ているとほのぼのしてきます。




   お母さん自身が、一緒に買ってる?
   おばあちゃんがいるのかな〜?




       お母さんの笑顔が見えるようです。






  高校生くらいの男の子でした。
  とても照れくさそうに、花束を頼んでいたのが可愛かった。






     子どもの日、母の日と続き、震災で亡くされた方々にはつらい日かもしれません。


でも、いつまでも心の中に生きています。






               お母さん、ありがとう。













at 22:13, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

のびのびと進める方へ

 
桜もだいぶ葉っぱがでてきましたね。

名残惜しげに近くのお花見名所を散策しました。

山崎川


       両岸からこんもりと


こうやって、自分が伸びることができる場所へ枝を伸ばす桜を見ていると、
気分がのびのびします。

伸びれる方向へ


     スペースのある方向へぐんぐんと


それでいて、障害物があると、よけています。

あらよっと


   ひょいっと障害物をよけて


伸びれる方へ


    自分がノビノビできる方向へ枝をのばして





at 10:56, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -

空気中に漂うもの


今年の花粉はすざましいです。
薬を飲んでるのに、鼻水たれます。

そんな中、高性能マスクに出会いました。




         隙間のできやすいところにスポンジがついてる
        
フィット感もいいです。
お値段がするので、ちょっとしか使わなかった時は、翌日も使ってしまう。






             パッケージのお姉さん

けっこう、マスクのパッケージってイラストが多いから、写真ってリアルに感じます。
街でマスクしてる人も多いんですが、あんまり気にしてみてなかったけど
そっかー、マスクしてると、こういう感じで目元が強調されるのね。


昨日、耳鼻科に行ったら9時に行ってとれた予約が1時半。
先生に聞いても、今年はすごい飛んでいて、しばらく収まらなさそう。

でも、福島の原発地域では、もっと危ないものが、飛び交ってるんだから、
マスクをしてがんばろうっと!






 

at 11:10, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -

被災地に直接送れます

 

被災地、相馬市で大奮闘の看護婦、幸恵ちゃんとメールで連絡をとりあっています。
先日は、「おはよ〜、今日は放射能の雨です。ますます怪しい格好になってるよ」
から始まりました。
「みんな低体温になってきてるからホッカイロがいい」との内容に、
なんとか送れないか調べました。
動き出した宅急便も、被害の大きい相馬市の営業所はまだ開いていないので、
営業所留めもできない。
一度は、断念しましたが、郵便局のレターパックをで出してみました。
小包と違い、あれなら自転車でも配送できる。
うまくいくかも…と思ったら、大当たりでした。
夕方に出したけど、2日目の朝に、直接病院に届いてと、メールがきました。
思わず、「ありがとう!」と言ってしまいました。



急いで、カイロをレターパック詰めにします。




            相馬中央病院行き  


直接、被災地に送れる手だてがあって、よかった。
昨日、4時頃出したのが、経由地の福島県の営業所に今朝9時に届いていました。

宅急便が通常稼働するまでの間、厚みの問題さえクリアできれば、とても有効です。



被災地に必要なものは、刻々と変ってきそうです。
次のリクエスト待ちです。



at 13:19, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -

落ち着いて

 昨日の夕方、スーパーに行ったら、駐車場がまるで年末の買い出しの時のようにコミコミ。
中は品切れ状態のものもたくさんあって、じゃがいもも買えなかった。

地震の影響で、買い置きしようとする人が増えていて、
品薄状態の棚を見て、焦った人が更に買っていくという悪循環のよう。
何も起こってないエリアで、パニックに陥ってしまった人がいるようです。

そういう自分も、一瞬、その波にのまれそうになりました。
「落ち着いて」と取り戻し、お花屋さんをのぞいてみました。

たくさん食料を買う代わりに、お花を買って帰り、
部屋や玄関に飾ったらなごみました。
          

咲くころは…



被災地の人々は、まず生きていくための生活必需品に切迫した状態です。
私たちは、そこまで追い込まれていません。

被災された方々も、お花に慰めれるといいなぁ。
そういう心の余裕が少しずつでもできて、日常生活が回復されることを祈ります。

いろんなお花が咲くころには、いろんなことが進んでいると思います。
もうすぐ 物を届きます、ボランティアの人も現地に行けます。
待っていてください。






at 10:27, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -

物や心が行き交う

 計画停電の実施で、日常生活にも影響が出てきているようですね。
生後6カ月の赤ちゃんを抱え、茨城のお母さんも避難してきた友人宅。
開店前のスーパーに並んでも、お米が買えない…と。

心細さが伝わってきます。
困った時は、お互いさま。
明日は我が身。

お米とか当面の食糧を少しばかり送ることに。
で、スーパーに行ってみると。

がら〜んとした棚


               既にがら〜んとした棚も


既に地震の影響が


           既に地震の影響が来ていました


お米も品薄になってました。
お米屋さんによると、やはり関東地区に送る人が増えているそうです。
お米はあるけど、精米が間に合わなくって、品薄状態になってるとのこと。
品薄状態を見て、焦って買い占める人が出てきたりすると、悪い循環になってしまいます。
欲張りさんにならないように気をつけたいと思います。




お米と少し



       お米と細々したものを少しのせて


これで、少し心細さが解消できると いいな。

こんな時、自分も誰かの役に立てると嬉しいのです。






at 18:16, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -

相馬市で頑張る幸恵ちゃん


相馬中央病院で看護婦長として 奮闘している幸恵ちゃんとのメールのやりとりしています。

昨日来たメールです。


「 とにかく今は水も薬もなくなってきて、透析患者を救うために四苦八苦しています。
 職員も津波にのまれたらしく、連絡もとれないし、
 毎日来れる人でシフトを組んでるからもうクタクタよ〜。
 怖くて眠れないしね。
 自転車欲しいくらいよ。
 20年以上乗ってないけど〜。
 まず、頑張るしかないからやるわ〜。」

TVを見ては めそめそ泣いている私と違って、泣いてられないんです。
実際に被災して、なお動き続ける彼女から、逆に力をもらっています。

ご家族の安否については、何も書かれてきません。
だから、聞くのをやめました。
「自転車が欲しいくらい」というのは、家の様子を見に行きたいのかな?とも考えたりします。

なんとかして自転車を送ろうとしてたら、こんな返事が

「 ありがと!!でも物流がだめだと思うわ。
 それより落ち着いたらメイコと三人で韓国旅行にでも行こうよ!!
 そっちの方が頑張れそうだわ 」

うん、うん、行こうね。

今朝は6時前に「今日も頑張るわ〜」のメールがきて、
さきほど10時半くらいに「今日もなんとか終わりました」のメール

長い一日だったね、おつかれさま。
今日もメールをありがとう。
そして、また泣けてきてしまうのです。


おやすみ、幸恵ちゃん
















at 22:28, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -

力を心を合わせて乗り越えていこう



被害の大きな相馬市の友人からやっとメールがきました。


短い文面から、大変さが伝わります。
ともかく、無事でいてくれてよかった。
看護婦である彼女、幸恵ちゃんは、地震発生時、勤務中だったと思われます。
不眠不休で動いているそうです。

でも、家族と連絡がとれていなく、「うちに帰りたいよ〜」という文字に涙が出ました。


私にもなにかできないか、メールしましたが、まだ返事がありません。
個人で動くことも、ボランティアとして入ることも、まだできない状況なので
放送されているように、義捐金が一番いいのかもしれない。
少しずつ、できることから始めてみようと思います。

応援している気持ちも送り続けていきます。

力を心を合わせて乗り越えていこう。














at 18:58, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -

あわてんぼさん

 


毎年、お花見に行く公園に、もう花が咲いている桜の木を見かけました。


桜

      ここのところの寒の戻りで、しまった!と思っていないかしら?


自分も調子にのりやすいたちなので、親近感を感じる。

展示やHPリニューアルの準備、確定申告と、スッタモンダのうちに
時間は確実に流れていました。


流されないように、自分のペースで泳いでいきたいものです。





at 18:54, Italist, 日々の暮らし

comments(1), -, - -

椅子を張り替えてみました



張り替えに出していた椅子2つ、帰ってきました。

華やかなえんじ色


                  華やかになりました

グリーン系と少し迷いましたが、この色にしてよかったです。
部屋が華やぎます。







   こちらは、廊下でひなたぼっこ用


座面が低く、座り心地がよいのです。
シックなベージュですっきり。
濃い色だと、陽に焼けるのが気になりますので。


形が美しいものは、長く使いたいです。

修理をお願いした家具屋さんからは、「から拭きしてくださいね、ツヤがでます。」と言われました。
手をかけないとね。





at 07:50, Italist, 日々の暮らし

comments(0), -, - -