あっという間に季節が流れて

 夏以来のブログです。

このブログはItalistのオーナーブログとなっているのですが、
生活のことが多くて もう少しバッグのことをご紹介できるブログに
変えていきたいと考えだしたら止まってしまっていました。

バッグをデザインする時って、一時期にたくさんできてしまうものなんです。
例えばボーダーを作ると、どの色を使うかいろいろな色を変えていくと
次々と案が出てきます。

それをどんどん作品にしていき、その中から淘汰されていくものもあり
以外に動きがダイナミックになるんですよね。
その間、製作に没頭してまいます。

バッグを撮るとなると、ちょっと撮影準備もしないとと、
またハードルがあがってしまい
なかなかうまくブログでご紹介できないまま…

秋の紅葉


    庭の紅葉が色を変え


千両の赤い実


       千両が赤い実をつけ


椿の花



             椿が花を咲かせ


雪まで降って


水仙


     水仙も咲きました


こういう簡単なショットならすぐ撮れるんですけどね。

気負わず、こうした写真も交えながらでも
やっぱり続けていくことがいいな、と思います。

最近、ブログ更新してないですね、と時々言われましたし。

バッグそのものじゃなくても、どんな人間が作っているかを
知ってもらうのも面白いかもしれない。


あと一日で、新しい年がやってきます。
助走をつけるために、年の瀬からまた始めてみました。
すべりこみ 来年もよろしくお願いします デス。



at 23:57, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

バカンスの導入を!!

暑いです。
お盆休みが終わっても、暑さは終わらない。
脳みそもとろけて、耳からでそうです。

抜け殻になりそう…。




 

      
         机にしがみついても、はかどりそうにありません。






               二人でどっか行きたいね



節電が言われ、クールビズや土日休みから、木金休みにする会社もあります。
伊勢丹も定休日を復活しましたね。
そういえば、子どもの頃、水曜日はデパートがお休みだったなぁ。
いつから、こんなにみんな忙しくなっていたのかしら。

休みましょう、休みましょう。
これを機会に、日本にもバカンスの導入を!!
ヨーロッパのように1,2カ月とは言いません。
2〜3週間しっかり休めたら、リフレッシュして働けます。
暑い中、能率が上がらない中ダラダラ働くより、すっきり休んで、人生を楽しんだら
きっと、いい仕事ができそう。
みんなニコニコしそう。




首相交代になりそうな永田町ですが、
バカンス導入を提案してくれる政治家いないかな…。
投票しますわ。



at 10:49, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

8月15日

 

お盆最後の日、父がナスの牛に乗ってあちらの世界へ戻ります。







      牛用のナスだから、頭があるのです。
      立派な なすでしたが、3日経ったら、少ししぼみました。







            この送り火を振りかえり振りかえり 行くのでしょうか。




お盆と終戦記念日。

浮かれた者勝ちの夏に、せつない時間があります。







at 21:13, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

長崎原爆の日


今年は、長崎の慰霊祭をTVで見られないので、
通りかかった大須観音でお参りしていくことにしました。




                     大須観音

すると8月9日は、九万九千功徳日で、この日お参りすると九万九千日お参りした功徳が頂けるという
大縁日ということ。
なんというめぐりあわせ。



                    お祈りする姿






たくさん拝んだら、仏に近づけるのでしょうか。
今日で、99000日分一気にいったから、近づいたかな?





戦争も放射能もない平和な暮らしが、一番大切ですね。














at 22:24, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

NIGHT ZOO

 NIGHT ZOO に行ってきました。
8月に6日間だけ夜8時半まで開園されるのです。
いつもと違う動物園にワクワクします。




  ペンギン山の外回りは、まるでアミューズメントパークのようなライトアップ




動物たちも、昼の暑いさなかと違い、けっこう動いています。





ライオンは、大人気!!
大きなライオン舎がライトアップされると、カッコイイ!!
ライオンは夜行性だから、やっぱり夜の方が歩きまわって迫力ありました。





シロクマさんは、夜でもこの暑さがこたえるのでしょう。
シロクマ舎で、敷物のようになっていました。





                 遠くの方のキリンの親子。



動物園に行くだけでも、ワックワク〜なのに、それが夜ですから
もう、非日常体験です。
子どもたちは、目がキラキラしています。
いつもの売店が夜店のようだし、夜の真っ暗な池のボートだって乗れます。






                     デートにも最適



夜風が吹いて涼しい中園内をまわれるし、動物たちもよく動いています。
なかなかいいイベント。
でも、動物さんたちにとっては、ちょっと大変かも。
6日間だけ、おつきあいしてくれるのね。





楽しい夏の思い出ができました。
ありがとう。






at 11:01, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

広島 「原爆の日」


夏真っ盛り。


 


66年前も今日のように暑かったのでしょうか?

夏空


入道雲がもくもく育った夏空が突然光って…。
広島「原爆の日」の今日、失われた尊いたくさんの命と生活。
もう二度とあってはならないこと。
原爆と原発、一字違いだけど、どちらにしても放射線を抑えることはとても難しい。




この夏、昔のように自然の暑さとうまく共存する暮らし方が見直されています。
できます。
これから、核のない世界へと脱皮しましょう。






at 13:32, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

誠実に仕事をしよう


中国の高速鉄道の事故と政府の対応が問題になっていますね。
悲惨な事故が二度と起きないように、事故原因が明らかにして欲しいです。


今年、6月にカンヌ国際広告祭で金賞を受賞した、九州新幹線全線開通のCMを見ました。
嬉しそうな笑顔と新幹線がぐんぐん走る映像にマッチしたよい音楽。
元気がもらえ、胸が熱くなるなります。
何度見てもいいCMです。
こちらでどうぞ。

http://youtu.be/UNbJzCFgjnU

 こんなに歓迎されて、新幹線開通に携わった方々は、さぞや誇らしいお気持ちでしょう。

仕事ってこうありたい。

at 11:39, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

福島県 相馬市でボランティア

 
今回、相馬市に行くにあたり、いろんな人にいろんなことを言われました。
みなさんのご心配は{放射能」

いろんな数値を見て、いろんな情報を集めて、最期は自己責任の自己判断。
でも、そうやって人が敬遠するところに友だちが生活していると思うと悲しくなりました。

短期の滞在で、値も高くないところでの健康被害はないだろうと考え、飛行機に乗りました。

せっかくなので、ボランティアもちょっとしてきました。



         相馬市ボランティアセンターのスタッフのみなさん


千葉県の方はチームで来てみえましたし、結構県外の方もいらしてました。
素晴らしい!!

とても組織だって活動されていて、飲み物やお弁当の手配などもちゃんとしています。



被災された方が、仮説住宅で生活を始める際に、必要な生活物資の整理の仕事を
お手伝いしました。






大きなフリーマーケットぐらいと、あなどっていたのですが、なにせ数が多く…。



      幸恵ちゃんもボランティア  りりしーい!!



細かい日用品のほか、家具やなんと車が当たる抽選会などもありました。




ボランティアが黙々と準備していると、隣のテニスコートでは、ゲームに興じる人たちの笑い声。
放射能を危惧している他の人が見たら、不思議な光景かも?
そして、開始1時間前から、並んで待ってっみえる被災者のみなさん。



いろんなことが、落ち着いて平和に暮らしが、戻ってきますように。




    幸恵ちゃんのめいっこちゃん。
    愛してるよー!!!





at 14:10, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

震災から3カ月 6月11日の相馬市

 
先週、福島県 相馬市に住む幸恵ちゃんに会いに行ってきました。

幸恵ちゃん宅は、高台にあったので難を逃れましたが、歩いて5分もしない住宅地に
まだ船があったりします。

海から、結構離れた道路にも大きな船が…。




港にある造船会社も被災しているので、動かせないそうです。
3カ月経つけど、まだまだですね。

港近くは、それは悲惨な光景えした。
もう、何度もすごい映像をTVやPCで見てきましたが、
実際に自分の目で見ると、言葉を失います。








                 意外に強いポスト





             土台ばかりが並んだ光景。
             この上にたくさんのだんらんだあっただろうに…。






                        鉄骨もグンニャリ。


湾内にも、いろんなものが浮かんでいます。








 そして、震災から3カ月の6月11日






      海は何事もなかったように、青く美しいのです。






at 13:41, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -

復興にむけて

 震災から2カ月がたちました。
ニュースでも、地震発生時刻の黙とうを見たりすると、
悲しみが新たになります。
「11日」が来るたびに、涙がまた出てきそうです。

先日、相馬市の幸恵ちゃんから届きました。





              あおさのり!!


御みそ汁にいれたら、磯の香りがして、とても美味しかった。
震災前に収穫されたものだそうです。
地元の朝市で買ってきてくれました。
少しづつ、復興に向けて、みなさん歩きはじめてみえます。

でも、今後、海産物はどうなるんでしょう?
相馬は、とても上質な貝類もとれて、築地でも高値で取引されていたそうですが
風評被害も、実際の汚染問題も心配です。
海で生きてきた人は、どうやって生活をたてていかれるのか…。
でも…。




     そうだ!ふくしまだけでなく、みんなでガンバロウ!!


がんばらなくてもいい、普通の生活のために。




at 00:18, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -