<< 大玉スイカ | main | NIGHT ZOO >>

広島 「原爆の日」


夏真っ盛り。


 


66年前も今日のように暑かったのでしょうか?

夏空


入道雲がもくもく育った夏空が突然光って…。
広島「原爆の日」の今日、失われた尊いたくさんの命と生活。
もう二度とあってはならないこと。
原爆と原発、一字違いだけど、どちらにしても放射線を抑えることはとても難しい。




この夏、昔のように自然の暑さとうまく共存する暮らし方が見直されています。
できます。
これから、核のない世界へと脱皮しましょう。






at 13:32, Italist, 日々の暮らし

-, -, - -