<< 裸で生きる | main | 新年度スタート >>

YONG @ HEART

久しぶりに心が震えるようなライブに行ってきました。

yong @ heart

     Live in JAPAN

1982年、アメリカ マサチューセッツ州に、
「やんちゃな年金生活者たち」と呼ばれるコーラス隊が誕生しました。
シンガーたちは、なんと平均年齢80歳のおじいちゃん、おばあちゃん。





その演奏される曲がすごいのです。
コールドプレイ、ジミヘンドリックス、レディオヘッド、
トーキングヘッズ、などのロックンロールナンバー。
クラッシュの超パンクや、アウトキャストなどHIPHOPまでも
レパートリーに入っています。

映画を観てものすごくカンドーし、今回の初来日を待ちわびてました。


こちらは、映画の オフィシャルトレーラー



ロサンゼルスでの公演の様子はこちら。
曲目はジミヘンドリックスの「紫のけむり」
いけないものを吸って いかれている曲ですね。
そういう歌詞を彼らが歌うと、ファニーでとてもうけるのです。
それにしても張りのある声です。



そして、日本での講演ですが、20分間の休憩を挟んでの2部構成。
ショー構成も上手くて、後半、グングン盛り上がります。
マイケルジャクソンの曲をトリビュート的にメドレーで。
それも「I Want You Back 」から始めるところが洒落ています。

「上を向いて歩こう」を日本語で歌われ、おぉ、サービスしてくれて…、
などと思っていたら、続いての曲は ブルーハーツの「リンダ リンダ」
やれらました。
その次が、RCサクセション「雨上がりの夜空に」。完敗です。
やっぱりエンターテイメントの国の人たちですね。
わかってらっしゃる。
セレクションもナイス、それも平均年齢80歳の人が
日本語でこれを歌おうっていうのがスゴイです。
60、70歳のお客さんたちは、自分の国の曲なのに
どうすることもできずにいる方もみえました。

もう、私も80歳までロックな心意気でいっちゃうよ〜と
元気いっぱいになって帰ってきました。


今回、日本ではお姿が見えなかったメンバーの方ですが、
コールドプレイをソロで素敵に歌う彼の1曲を最後に。

http://www.youtube.com/watch?v=gosIuO1HqEg





at 11:27, Italist, 映画、音楽、アート

comments(1), -, - -

comment
-, 2020/05/03 6:33 PM

管理者の承認待ちコメントです。